舞台『WILD』アンドリューのポケットに手を入れる仕草

舞台『WILD』アンドリューのポケットに手を入れる仕草 Ultra JUMP
Hey! Say! JUMPの中島裕翔くんが、主演した舞台『WILD』の演技について解説してくれました。 裕翔くんが演じたアンドリューが、ポケットに手を入れる仕草は、「一歩距離を置きたい」といった心理を表現していたそうです。 (*^^*)
<ジングル>
Hey! Say! JUMP『Bloom』
<BGM>
ちか『フレッシュハーブリースを玄関に』HURT RECORD
中島裕翔
中島裕翔
岐阜県のラジオネーム…ラジオネーム「マイティ」さんから頂きました。
マイティ
マイティ
裕翔くん、こんばんぬ。
中島裕翔
中島裕翔
こんばんぬ。
マイティ
マイティ
高2の女子です。
マイティ
マイティ
『WILD』全39公演お疲れ様でした。
中島裕翔
中島裕翔
そんな公演やったんだ…
マイティ
マイティ
私も拝見させてもらいました。
マイティ
マイティ
私は観劇中、とても印象に残ったアンドリューの仕草がありました。
マイティ
マイティ
それは「ポケットに手を入れる」という仕草です。
マイティ
マイティ
アンドリューは「パーカーやジーパンのポケットに両手を入れる」という仕草を何回もしていました。
マイティ
マイティ
とても気になったのでNETでその仕草をしてしまう心理を色々調べてみたところ「警戒心が強く信頼していない」時にこの仕草をするようです。
中島裕翔
中島裕翔
ほぉ…
マイティ
マイティ
確かに、女が手に針を刺すシーンがあってから、アンドリューはポケットに手を入れる仕草が減った気がします。
マイティ
マイティ
この事について、お話ししてもらいたいです。
中島裕翔
中島裕翔
いや、良い所ついてる。
中島裕翔
中島裕翔
鋭い着眼点!
中島裕翔
中島裕翔
マイティ、君はもう「マイティ・ソー」だ!
中島裕翔
中島裕翔
すごいねぇ…
中島裕翔
中島裕翔
何言ってるか、よく分かんないんですけど…
中島裕翔
中島裕翔
えぇ…あの…そうです。
中島裕翔
中島裕翔
これはねぇ。あえてやりました。
中島裕翔
中島裕翔
やっぱり、あの…「ポケットに手を入れたり」とか、「前で腕を組んだりする」っていうのは、あの…心理的に、やっぱこう…「一歩距離を置きたい」だったりとか、その「信頼」とかっていうのを…まぁ、僕は知っているので…
中島裕翔
中島裕翔
それを、あえてやりました。
中島裕翔
中島裕翔
はい。
中島裕翔
中島裕翔
なので、まぁ、だんだんだんだんそういう関係性から、だんだんこう…「あなた」って呼んでたのが「あんた」に変わったりだとか、ちょっと口調が…動きが強くなったりだとか…っていうのが…
中島裕翔
中島裕翔
僕も、だんだんだんだんこう…ね。段階を追ってね…上っていくと面白いかなと思ったんで…
中島裕翔
中島裕翔
最初は、割と本当に…「自分で居よう」とか、自分のその…プロテクトがすごく高い…「壁が高い」っていう事を意識して、やってましたね。
中島裕翔
中島裕翔
そこから、だんだん崩されていくのが面白いんですけども…
中島裕翔
中島裕翔
そうです。そうです。
中島裕翔
中島裕翔
よく…よく調べましたね。この人…
中島裕翔
中島裕翔
着眼点が鋭いね。
中島裕翔
中島裕翔
いや、こういう所まで見てくれると、嬉しいですよ。本当に。
中島裕翔
中島裕翔
何か…「意味が無い物なんて、1つも無いんだな」って思います。
中島裕翔
中島裕翔
改めて…セリフでもね。動きでも。
中島裕翔
中島裕翔
「ちゃんと、やって良かった」と思います。
中島裕翔
中島裕翔
ありがとう。
2019年06月27日『Hey!Say!7 Ultra JUMP』(文化放送)中島裕翔
パーソナリティは、中島裕翔くんです。 本日は中島裕翔くん主演舞台『WILD』に関するお便りが3通紹介されました。 『深夜の名言コレクション!』と『BESTアンサー!』という新しいコーナーが始まりました。 『元気になれる Hey! Say! Words!』では、裕翔くんが噛んでしまいました。 (*^^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました